zalgo3のブログ

140字では書ききれないことを書いていきます。

大学の教科書はなぜわかりにくいものばかりなのか

f:id:zalgo:20181114105416p:plain
大学の授業についていけず、すっかり出なくなってしまった。そんな諸君も多い時期だろう。
授業がわからないので、せめて自分で勉強しようと思い教科書[^1]を開いてみる、も、何が書いてあるのか今ひとつわからない。
そう、大学の教科書はくっそわかりにくいのだ。
高校ではわかりやすい教科書は山ほど売られていたのに、大学にはなぜないのか。この記事ではその理由をお教えしよう。

続きを読む

京大タテカンに放火事件発生!立て看板規制は違憲なのか?【表現の自由と最高裁判例】

京都大学では、伝統的に、大学の正面に学生が作った立て看板が置かれている。

しかし、最近では、そうしたタテカンを取り除こうといった動きがある。

続きを読む

「ガセグルメ」批判について思うこと

Twitterでは、意外性のあるグルメ投稿がよくRTを稼いでいる。

例えばこんなやつ↓

おれはこのレシピを試したことはないから味のほどはわからないけど、カリカリで美味しそうだなと思う。このツイートは現在5000RTされている。 

 

こういうTwitterのレシピ投稿って以前から一部の人たちからは結構嫌われていた印象なんだけど、ここに一石を投じた投稿があった。

それが↓だ。

続きを読む

絶滅危惧種うなぎ「食べて応援」に関する誤解

もうすぐ夏です。そろそろうなぎの季節がやってきますが、いつうなぎが食べられなくなるのかとヒヤヒヤしている人も多いと思う。

ご存知のように、うなぎは年々量が減少しており、このままでは絶滅するのではないかと言われている。

www.huffingtonpost.jp

続きを読む

「低能先生」は殺人によって社会を思い通りに動かした

有名ブロガーHagex氏が、各所で捨てIDを作って荒らし行為を繰り返していた「低能先生」と呼ばれる人物に後ろから刺されて殺されてしまった。

2018年6月24日(日)20:00前後、福岡県福岡市の旧大名小学校跡地でインターネットセキュリティー会社スタッフの岡本顕一郎さん(41歳)が背中を刃物で刺され病院に搬送。その後に死亡が確認された「男性刺殺事件」で、非常に恐ろしい情報が入ってきた。インターネット上で岡本顕一郎さんに罵られ、恨みを持っていた犯人が刺し殺した可能性が浮上しているのである。

 

・低能先生と呼ばれていた人物が犯人か
岡本顕一郎さんはインターネット上でHagex(ハゲックス)というニックネームでブログ「Hagex-day info」を書いていたとされている。そのブログ内で岡本顕一郎さんに「低能先生」と罵られていた人物がおり、今回の事件は低能先生と呼ばれていた人物が岡本顕一郎さんに恨みをもち、犯行に及んだのではないかとの情報が出ている。

buzz-plus.com

続きを読む